ダイエットの固定観念が変わる!【スキニービッチ 世界最新最強!オーガニックダイエット】

食い意地がはっているという話は以前に書きましたが、食べ物に関する本って本当に面白い!♡

 

スキニービッチ。なかなか刺激的なタイトルに惹かれて読み始めました。

 

いわゆるダイエット本ではない!

元モデル&モデルエージェントの女性2人による共著で、スリム美人さんなので説得力があります。

実はダイエットは二の次で、食の安全性や動物愛護について深く言及した、かなり濃い内容になっていました。

食肉処理や添加物の残酷な現実であるとか、食品会社の欺瞞であるとか、食欲を失ってダイエットが出来るんじゃないかと思えるぐらいの内容。

 

本文はかなり辛口でストレートな言い回しが印象的。(訳者さんは少し柔らかいトーンに変えているようですが)

とてもわかりやすく説得力があるので、かなりの情熱を持ってこの本を書き上げたんだろうなと。

 

 

食品選びを見直すきっかけに
私はベジタリアンではないし、この本を読んで衝撃を受けたから明日からもうお肉は食べられない…というほど感受性が豊かなわけではありません。

でも、自分が口にしているものの正体は何だろうとか、本当に有意義な食品の選び方ってどういうことなんだろうと考えさせられました。

ただ単に高級な食材・低カロリーの食材が良いというわけではないと勉強になったし、固定観念が覆される!

勿論、全てが日本の食卓にも当てはまるわけではないけどね。

 

具体的に、選ぶと良い&避けるべき食品、成分表の見方、実践できるダイエットメニューなど、実用性も良い感じです。

成分表の項目は特に面白い…。

 

 

スキニービッチ”に込められた想い
際どい内容だし強い口調なのに、不思議と押し付けがましさを感じないし読後感は爽やか。

それは嫌な現実を羅列しているだけではなく、マインドの部分にも触れて前向きな提案をしているからかな?

 

「bitch」(ビッチ)は、本来は汚い罵倒語ではありますが、著者は自立した芯のある女性、という意味を込めています。

本文の最後が
「心と体のぜい肉を落としましょ。」
という言葉で締められているのが素敵♡

 

家族には日々美味しいもの・健康に良いものを食べてもらいたいと思う。なかなか徹底は出来ないけど、少しずつでも頑張れたら良いな…。

 

もしかしていつか自分が妊婦になったり小さい子供のご飯を作るようになったら、かなり神経質に食べるものを選ぶようになるだろうな~。

常日頃から真剣に考えることが大切なんですね、きっと。

 

最近気が抜けてぷくぷく太っている自分にカツを入れてくれた本です!ちょっと怖いけど読んで良かった。

夫婦共々甘党なのでセーブしなきゃ^^;