ミス・ユニバースでも実践【自分に自信をつける最高の方法】

自分に自信を持つこと。

それが出来たら良いなと思いつつ、現実問題なかなか難しいですよね。

何か上手くいかなかった時、自分と人を比べてしまった時、心ない言葉を受けた時…

自信なんてあっさりなくなり、「やっぱり私なんか…」と後ろ向きになってしまったり、挑戦も諦めてしまう。

もっと自分に自信を持てれば、前向きになれたり生き生きとした毎日を過ごせるのかな。

 

それなら自分で学ぶしかない!

と思い、この本を買いました。

 

ミス・ユニバース・ジャパンのビューティーキャンプ(合宿みたいなものがあるのですね…初耳でした)で講師もされたという心理カウンセラーの方が書かれた本です。

表紙のデザインに惹かれて手に取ったのがきっかけでした♡

 

自信を持つことで人は変われる

かなりザックリ言うとこの本では、

✔自信を持つことで人は生まれ変わる
✔ミス・ユニバース・ジャパンでのレッスン
✔自分に自信をつけるワーク

ということが書かれています。

 

まず、そもそも「自信」とは何か、何故必要とされるのか、自信がもたらすものについて言及。

ミス・ユニバースの審査やファイナリスト達に絡めて説明されているので、とっても分かりやすいです。

 

そして実際に行ったレッスンの様子について詳しく書かれており、それを更に補完する形で読者に具体的な取り組み方法を紹介しています。

 

とても印象に残ったのは、

「幼少期のセルフイメージ=心の土台」

だということ。

 

幼少期の自分に対してのイメージが、大人になってからも影響を与え続けるというのです。それが無意識であったとしても。

なので子供の頃に深く傷ついた経験をしてしまうと、それが大人になった今のネガティブな思考に繋がるのだとか。

この根幹を修復しない限り、自信に満ちたポジティブな自分になることは出来ないと…。

 

子供の時に脳の殆どは完成するというし、幼少期体験は想像以上に影響のあるものなんだな、とすごく納得。

とにかく根幹からケアしないと、上っ面の自己改革は無意味なんですね💦

 

 

具体的な実践方法が分かりやすい・簡単!

本文ではその幼少期の心の傷を癒す方法も紹介されていたので、私も実践!

やり方はシンプルでとても分かりやすかったです。

 

最初は気持ちを集中させるのがちょっと難しく感じたけど、何回も行うことでどんどん思考がクリアになっていく実感を得られました。

普段意識していなくても、心の傷なんて心当たりがなくても、しっかり向き合うと何か答えは出てくるものなんですね。

 

徐々に、ではありますが、ワークを取り入れることでこれまでのワンパターン思考の癖が抜けた気がする。

嫌なことがあってもそこまで落ち込まずに、冷静かつ前向きに対処出来ることが増えてきた気がします…嬉しい!

 

他にも、日常のストレスを癒したり、不安な気持ちを取り除くワークなども沢山紹介されています。

どれも日常生活の中で無理なく取り入れられそうな方法なのが良い!

 

「自分に自信をつけたい」以外にも、

「上手な気分転換の方法を知りたい」
「暮らしの質を高めたい」

という場合にも活用出来る本じゃないかなと思います。

 

読み終わったあとは気持ちがスッキリ、今までより自分のことを大切に感じることが出来ます!

 

自分に自信を持つこと、その本当の意味は自意識過剰になることとは違い、自立や他人への愛情に繋がっているのだと学べる一冊、

今後も繰り返し読んでいきたいな。

 

文章がとても分かりやすく、説得力のある内容なのでおすすめです♡気になった方は是非読んでみて下さいね~☺︎