花嫁会叩きとウェディングメディアについて思うこと

結婚式関係のSNSの自粛ムードが続いている感じで寂しいですね。仲良しの花嫁様が傷ついているのが悲しい…。

私の周りではプレ花嫁様はかなり少なくなってきたのであれですが、絶賛プレ花嫁期の方はより寂しく思っているのでは💦

 

NEWS ZEROの報道について改めて調べてみて、明らかに誤解を招く取り上げ方だと思いました。

メディアは世間が食いつくような話題の切り取り方を好むので仕方ないですね💦

悪口書き立てるのはほっとけば良いのですが、花嫁会といっても、色々なんだということも伝えて欲しかったなぁと。

かなり前ですが、私も花嫁会を主催させていただいたことがあるので、グダグダと意見を申し上げてみようと思います。

 

花嫁会をと考えた時、純粋に楽しめる会にしたかったし、ブログで交流してくれるみんなにただただ会いたかった。

一緒に頑張ろうと思える仲間をつくること、前向きに結婚式の準備を進める気持ちを高めること、花嫁会をそのきっかけづくりに出来たら素敵だなぁと思いました。

SNSのためにやるとか、自慢のため、お金を儲けたり得をするために集まりたいと思ったわけではありません。

楽しい思い出を共有したいのと、花嫁様に花嫁会の有意義さを伝えたくて、ブログにも書きました。興味のない人に理解してもらおうとは思いません。

写真が1枚あればいつまでも楽しめる、語れる、そんな仲間バンザイ!自己満足バンザイ!笑

私がプレ花嫁の頃は途中まではまだアメブロ全盛期でして…インスタ全盛期になってから、花嫁会のバリエーションも増えていったなぁと思います。

最近の花嫁会の中には、豪華でイベントが盛りだくさんな会もたくさんあります。それこそSNS映えするような撮影会があったり、ウェディングのお譲りがあったり…すごい!

そういう会は、個人や企業のビジネスとしても成り立っているわけですね。

ワークショップのようなものを兼ねていたり、企業が協賛したPRイベントだったり。

逆に、ちょっとお茶しよう、来れる人いるー?とSNSで呼びかけてふらっと集まる。これも花嫁会。

 

このように多種多様な主催者や意図を持った花嫁会がありますが、

個人的に私がプレ花嫁で参加したいのは、なるべく少人数でじっくり話せる会。人見知りなので^^;

私とは反対に、大勢集まってやる楽しいイベントがないとわざわざ行くのはなぁ…と思う方もいらっしゃるはず。

大規模にしろ小規模にしろ、参加するのにあまりにも手間やお金がかかったり、花嫁同士盛り上がりすぎてSNSのための結婚式のような体を成しているなら大問題ですが💦

(報道でそんなふうに受け取った人が多いように感じます…)

ウェディング界が色んな形で盛り上がること、花嫁にとって必要な人・モノ・情報を知る機会が増えることは良いことだと思います。経済も回るよ!♡

何に重きを置く会に参加するか、選ぶのは花嫁様なので、花嫁会もまた変化していくと思うと面白いですね。

 

そしてふと思ったのは、花嫁の中で有名なウェディングメディア・団体は、この状況に対してコメントとか出していないのかな?と。

SNSを利用する花嫁をターゲットにした団体が、今の花嫁叩きに対してどう意見するのか。個人的に興味あります。

卒花してからフォローも辞めちゃったし、サイトもこの件を機に覗いてみた程度ですが、そういう類いのものは見つけられず。(あったらすみません…)

ウェディングメディアに載せてもらえたら良いなぁと思って投稿を頑張っていた方もいらっしゃるわけだし…

花嫁の投稿があるからこそ成り立っているところって多いですよね。

この花嫁の危機に、何事もなかったかのように振る舞うのはちょっと悲しい気が…。

世間の批判に晒されている中、花嫁を擁護する・応援するコメントが、(花嫁的)公的機関から出されると、励まされる方も多いと思うんだけどな…

こんな小さなブログで私がぼやくより。ねぇ。